Written by Kazuhiko Noguchi

【天麻(てんま)】漢方薬に含まれる生薬の効能【生薬解説】

生薬解説

【天麻(てんま)】漢方薬に含まれる生薬の効能【生薬解説】

ポイント

肝陽を抑え、内風を鎮める。
袪湿作用を有し、寒熱虚実証に使用可能な肝風内動の常用薬。

天麻の漢方的効能

  • 平肝熄風:①内風を鎮め、痙攣を緩和する。特にめまいに使う。肝風による痙攣、耳鳴り、さらにしびれや四肢麻痺にも使用される。また袪湿作用があり、痰飲が合併した肝風証によるめまい、頭痛にも使用される。(天麻釣藤飲、釣藤散)②風痰上擾のめまい、嘔吐、悪心、頭痛に。(半夏白朮天麻湯)
  • 去風湿:風湿を去り経絡を通じ止痛する。風湿痺証による関節痛、四肢無力、しびれ、四肢麻痺に使用できる。
分類 植物薬
基源 ラン科オニノヤガラ塊茎
薬性 平性
用法 3〜5g
注意点  

天麻が含まれる漢方処方薬

天麻釣藤飲、半夏白朮天麻湯など

引用参考文献

記事を読んでくれて、ありがとうございます!

ご相談&ご質問がございましたら、お気軽にどうぞ。
» お問い合わせ

薬局紹介痛みに強い漢方相談薬局【つくし薬局常陸大宮店】

漢方講座【初心者向け】漢方オンライン講座のご案内【漢方ライフワーク】