Written by Kazuhiko Noguchi

皮膚病

1年近く前から目のかゆみに悩んでいました。眼科を2件受診し、アレルギーを抑える目薬をもらいましたが、改善しませんでした。漢方を飲み始めてすぐに便秘が改善し、腸の調子が整ったことで気持ちも少し晴れやかになりました。3週間飲み続けたところでかゆみも大きく改善し、コンタクトも長時間でなければ付けられるようになりました。

感冒

「風邪を引いて、発熱して寒気、頭痛、倦怠感があります。なんだか顔がのぼせて異様に汗が出てる。食欲なくて、みぞおち辺りが気持ちわるい…。」この記事では、冬場に風邪を引いてから数日が経ち、食欲不振などの胃腸障害が出た時、漢方薬を使って身体を治す方法を説明しています。

生薬解説

補脾作用と養血作用に優れるが、緩急止痛作用は弱い。果肉は甘く、菓子製造に用いる。名前の由来は夏(ナツ)に芽(メ)が出るからナツメといわれる。

生薬解説

半表半裏の臓器に薬物を向かわせる働きがある。陽気を引き上げ(升提作用)、気を巡らせ(疏泄作用)、うつ熱を去る(清熱作用)。筋肉の緊張を緩める・緊張、収縮力を強くする。このような2つの相反する作用を合わせもつ。

生薬解説

穏やかな薬性。風寒を散じ、気を巡らせ肺や脾胃の気滞を去る。 散寒力は麻黄、桂枝のように強くない。紫蘇葉単独では効きが悪いので、生姜、防風、荊芥などの辛温解表薬を併用して、体を温めて発汗を促す。

感冒

冬場の風邪というのは、「悪寒、寒気」が先導し、汗が出ず、発熱、咽頭痛、倦怠感、頭痛、鼻水等の各症状が起こりやすい。これには葛根湯と麻黄湯が有効なのですが、葛根湯には芍薬というブレーキが入っていて、麻黄湯はブレーキなし。麻黄湯は葛根湯よりも、寒邪を追い出す「発表」の力が強いのです。

漢方の研究

この記事では、胃の不調(上部消化管)患者さんから訴えの多い症候(症状)から推測される病理、使用する方剤をまとめています。

コラム

「1日の勉強会よりも、残りの1か月をどう過ごすかが大切」 最近になって、その意味がわかった気がします。おそいwこういった大切なことを、この勉強会でたくさん教わりました。

生薬解説

表裏の陽気を温め、表邪を除き、気血を巡らせる。桂枝は上方(若い枝)桂皮は幹(厚い部分)の樹皮。桂皮は肉桂とも呼ばれる。温性が強く、陰虚証・温熱性の疼痛・出血症には禁忌。妊婦・月経過多症には慎重に用いる。

生薬解説

お腹を温めて除湿し、嘔吐を止める。その為、嘔家の聖薬と呼ばれる。食欲促進、半夏の副作用防止。乾姜(かんきょう)は乾燥した生姜の根。乾姜は温中散寒・回陽救逆作用に優れ、温裏薬として使用される。温燥性がある為、陰虚内熱証、表虚自汗、胃陰虚の嘔吐には禁忌。