Written by Kazuhiko Noguchi

【当帰(とうき)】漢方薬に含まれる生薬の効能【生薬解説】

生薬解説

【当帰(とうき)】漢方薬に含まれる生薬の効能【生薬解説】

ポイント

活血止痛に優れる補血の重要薬。
「治血の薬と為すべからず」
「補血養血の薬と為すは抑々(そもそも)末(本質の枝葉)なり」

注意点

甘く潤腸作用があり、湿証、胃腸虚弱者には禁忌。

当帰の漢方的効能

  • 補血作用:滋潤性があり、特に心と肝の血を補う。(四物湯)
  • 活血調経・止痛作用:①月経を調整(調経)し止痛する。血流をよくして子宮の発育を促す。子宮筋の痙攣や収縮を弛緩させる。(当帰芍薬散)②活血し寒邪を散じて、下半身及び四肢末梢に作用し血行をよくし、腹部や四肢を温め、疼痛を軽減する。(当帰四逆湯)
  • 浸透性緩下効果:当帰は油を多く含むため、腸管内に水分を溜めて大便を軟らかくする。(潤腸湯)
  • 排膿・肉芽増殖促進効果:化膿性炎症、潰瘍の治療に用いる。炎症による血流の鬱滞を除き、排膿を助け、傷口修復を促進する。
    (千金内托散)(帰耆建中湯)
分類 補血薬
基源 セリ科トウキの根
薬性 温性
用法 1,5〜5g
注意点 甘く潤腸作用があり、湿証、胃腸虚弱者には禁忌

当帰が含まれる漢方処方薬

四物湯、当帰芍薬散、温経湯、逍遙散、抑肝散、帰脾湯、当帰建中湯、当帰四逆湯、赤小豆当帰散など

引用参考文献

記事を読んでくれて、ありがとうございます!

よろしければ下記の記事もご覧下さい😌

それぞれのお悩みに関する人気記事

ご相談&ご質問がございましたら、お気軽にどうぞ。
» お問い合わせ

薬局紹介痛みに強い漢方相談薬局【つくし薬局常陸大宮店】

おすすめ相談オンライン漢方相談【遠隔相談のご案内】