Written by Kazuhiko Noguchi

【柴胡(さいこ)】漢方薬に含まれる生薬の効能【生薬解説】

生薬解説

【柴胡(さいこ)】漢方薬に含まれる生薬の効能【生薬解説】

ポイント

半表半裏の臓器に薬物を向かわせる働きがある。半表半裏とは、外界と直接繋がってはいないが、外界に近い場所。

1.肝臓および胆嚢
2.卵巣
3.肺〜気管
4.中耳
5.鼻腔

陽気を引き上げ(升提作用)、気を巡らせ(疏泄作用)、うつ熱を去る(清熱作用)。筋肉の緊張を緩める・筋肉の緊張、収縮力を強くする。このような2つの相反する作用を合わせもつ。

柴胡は胸脇苦満を主治する。胸脇苦満して寒熱往来、腹中痛、脇下痞鞕、嘔吐、小便不利を治す。
胸脇苦満の証無き者には、即ち之を用いて効なし。
引用元:薬徴・吉益東洞著

注意点

昇散の性質が強く、陰や気を消耗しやすい。そのため、気虚や陰虚、陰虚火旺、肝陽上亢、気逆証には禁忌。

適時滋陰補血薬や柔肝薬(白芍、当帰など)の配合が必要。退熱には多量、疏泄や升陽には少量を使用する。

柴胡の漢方的効能

  • 消炎解熱:気を巡らせ(疏泄作用)、うつ熱を去る(清熱作用)。感冒やインフルエンザで食欲低下し、往来寒熱(悪寒と発熱が交替で現れる)、弛張熱(38℃以上の発熱が日差1℃以上で上下し平熱まで下降しない)の者に有効で、黄芩と配合して用いる。(柴胡桂枝湯、小柴胡湯)
  • 疏肝解鬱:気滞を除く。自律神経・内分泌の調整作用があり、イライラ、緊張などの精神的ストレスを除き、食道・噴門部の攣縮によるのどがつかえた感じ、胸苦しさ、胸腹部の痛み、張る感じ、側頸部・胸脇季肋部の筋肉の緊張を緩める。(逍遙散、四逆散、柴胡加竜骨牡蛎湯)
  • 昇提作用:筋緊張増強作用。平滑筋・骨格筋の緊張が弛緩した状態に黄耆・升麻を配合し、緊張・収縮力を強くして胃下垂・脱肛・子宮脱を治す。弛緩した肛門括約筋・膀胱括約筋の緊張なども回復する。(補中益気湯、乙字湯)
分類 辛涼解表薬
基源 セリ科ミシマサイコの根
薬性 微寒性
用法 2g~8g
注意点 昇散の性質が強く、陰や気を消耗しやすい。そのため、気虚や陰虚、陰虚火旺、肝陽上亢、気逆証には禁忌

柴胡が含まれる漢方処方薬

黄連解毒湯、三黄瀉心湯、半夏瀉心湯、黄芩湯、葛根黄芩黄連湯、小柴胡湯、大柴胡湯、柴胡桂枝湯、柴胡桂枝乾姜湯、五淋散、清心蓮子飲、甘露消毒飲、清肺湯、柴陥湯など。

引用参考文献

記事を読んでくれて、ありがとうございます!

ご相談&ご質問がございましたら、お気軽にどうぞ。
» お問い合わせ

薬局紹介痛みに強い漢方相談薬局【つくし薬局常陸大宮店】

漢方講座【初心者向け】漢方オンライン講座のご案内【漢方ライフワーク】