Written by Kazuhiko Noguchi

【沙参(しゃじん)】漢方薬に含まれる生薬の効能【生薬解説】

生薬解説

ポイント

肺と胃の陰を補う。肺燥や肺陰虚、肺熱に使用する。

特に肺陰の滋陰作用に優れ、化痰作用がある。

沙参の漢方的効能

  • 養陰清肺作用。肺をよく滋養し潤し、肺熱を冷ます。(沙参麦門冬湯)
  • 表証にも使用可能。
  • 粘性で排出困難な黄色少痰、血痰にも使用できる。
  • 化痰作用。痰を除く。
  • 胃陰を補い、潤す。
分類 養肺胃陰薬
基原 キキョウ科トウシャジンやサイヨウシャジンの根
薬性 寒性
用法 3〜10g
注意点 風寒、寒飲性の咳嗽、脾胃虚寒証には注意

沙参が含まれる漢方処方薬

桑杏湯、沙参麦門冬湯など。

引用参考文献

記事を読んでくれて、ありがとうございます!

よろしければ下記の記事もご覧下さい😌

それぞれのお悩みに関する人気記事

ご相談&ご質問がございましたら、お気軽にどうぞ。
» お問い合わせ

薬局紹介痛みに強い漢方相談薬局【つくし薬局常陸大宮店】

おすすめ相談オンライン漢方相談【遠隔相談のご案内】