Written by Kazuhiko Noguchi

【甘草(かんぞう)】漢方薬に含まれる生薬の効能【生薬解説】

生薬解説

【甘草(かんぞう)漢方薬に含まれる生薬の効能【生薬解説】

ポイント

別名は国老(こくろう)と呼ばれ、様々な薬方に含まれており、諸薬の調和を図る生薬。補気力は弱いが、広範囲に使用できる潤性の補気薬。緩和、解毒、滋潤、抗化膿性炎症に用いられる。

湿気を増長させるので、湿証には注意。長期、多量の服用で低カリウム血症による浮腫、痙攣、四肢脱力無力感、しびれ、頭痛などが出現することがある。長期服用させる場合は2g以下で使用するのが望ましい。

炙甘草(甘草に蜂蜜と水加え、数分加熱したもの)との区別があり、炙甘草は補気、生甘草は清熱解毒作用が主体となる。

甘草の漢方的効能

  • 百薬の毒を消すといわれ、薬物の毒性や薬性を緩和する。
  • 体内水分の不足を補う。
  • 痙攣や痛みを止める。(芍薬甘草湯)
  • 肺を潤し咳を止める。(麻黄湯)
  • 熱毒による咽頭の疼痛に使用する。(桔梗湯)
  • 清熱解毒作用。化膿性炎症に使われる。
分類 補中調和薬
基原 マメ科の根
薬性 微寒性
用法 1〜6g
注意点 湿気を増長させるので、湿証には注意。長期、多量の服用で低カリウム血症による浮腫、痙攣、四肢脱力無力感、しびれ、頭痛などが出現することがある

引用参考文献

記事を読んでくれて、ありがとうございます!

ご相談&ご質問がございましたら、お気軽にどうぞ。
» お問い合わせ

薬局紹介痛みに強い漢方相談薬局【つくし薬局常陸大宮店】

漢方講座【初心者向け】漢方オンライン講座のご案内【漢方ライフワーク】