保育園の運動会で感じたこと。先生方の情熱がすごい!!

秋晴れ。

今日は以前子供達がお世話になっていた保育園の運動会です。

保育園から招待状が届きまして(なんとご丁寧に)、遊びに行ってきました。

どんなイベントよりも行く価値がある取り組み

引っ越してしまったので、保育園までは車で1時間ほどかかります。

でも、どんなイベントよりも見に行く価値がある。個人的にそんな運動会だと思っています。

体育ローテーション、玉入れ、騎馬戦、親子競技、和太鼓、紅白対抗リレー。

どの競技も見所があり、子供も大人も全力参加型の内容になっています。

今年は跳び箱を8段を飛んだ子達が10人以上いました。こんなに運動に力を入れている保育園は珍しいんじゃないかな。

何より先生方の情熱が凄い。
たぶん、先生方にかかる負担も相当なものだと思う。

以前、子供を病院に連れて行くのに、早めに保育園にお迎えに行った時のこと。

園児達をお昼寝させているそのすぐ横で、保育園の先生方が今度行われる行事のミーティングをしていました。

園児の保育だけでなく、時間を惜しんでイベント毎に準備を行ってくれているその姿に、なんだか心を打たれました。

そりゃすげー盛り上がる運動会になるって話ですよ。

特に運動会の目玉といえる年長組の子供達の和太鼓と、親子保育園職員参加型の紅白対抗リレーは必見。鳥肌モノです。

参加していなくても、胸が熱くなっちゃうんですよね(笑)。

スポーツ専門の先生が子供達を指導してくれています。しかもナイスガイ。

仕事に対するモチベーション

仕事をしている中、内容がルーティンワーク化してくるとモチベーションが落ちてくることがあります。

モチベーションを支えてくれるのは、僕にとって、相談に来てくれる患者さまです。

仕事をしながら、子育てをしながら、適切な食事をとって適度に運動もして漢方薬を飲む。実は、これはかなり大変な事です。

「おかげさまで良くなりました!」こういった患者さまのお声が何よりの励みになっていて、とても嬉しく思います。

でも、感謝しているのは僕の方なんです。本当に。

僕は、そんな自分の仕事が好きです。

まとめ

仕事は違えど、あんなに情熱をかけて子供達に接してくれる先生達は、きっとこの仕事が好きなんだろうなぁと思います。

運動会の最中、「よく頑張ったね‼︎」「えらい!!」と言って子供達を抱きしめる先生達。その姿に目頭が熱くなりました。

好きだから大変でも頑張れる。だから園児や保護者も、みんな笑顔になれる。

なんてゆうか、ときめく。

こんな保育園が全国に広がるといいなぁ…と密かに思います。

保育園の先生方、いつも本当にお疲れ様です。そして、ときめきをありがとうございます!

和太鼓を通して感じたこと。風邪を引かない子供達!

2019.03.08