Written by Kazuhiko Noguchi

【麻黄(まおう)】漢方薬に含まれる生薬の効能【生薬解説】

生薬解説

【麻黄(まおう)】漢方薬に含まれる生薬の効能【生薬解説】

ポイント

肺経の専門薬と言われる。「肺」に働きかけ、解表発汗、宣肺、利水の各作用を行う。
金匱要略に「裏水、越婢加朮湯之を主る。また、甘草麻黄湯之を主る」とある。
発汗解表には少量、平喘利水には多量を用いる。

注意点

発汗力が強い為、表虚証の自汗、陰虚の盗汗、高齢者の咳嗽には禁忌。
エフェドリン作用があるため、排尿困難、不眠、心悸亢進、または胃腸障害を起こすことがある。
芍薬甘草湯の合方により副作用を軽減できる(麻黄の発汗作用にブレーキをかける)。

麻黄の漢方的効能

  • 温性、熱産生促進。
  • 発汗解表:桂枝と組んで汗孔を開き、寒邪を散らして表証を治す。無汗・悪寒・身体痛・脈浮などの外感の表寒実証(発熱、悪寒、脈浮緊、頭痛、肩こり、関節痛等ある者)に使用する。(葛根湯、麻黄湯)
  • 宣肺平喘(気管支拡張作用):肺気を流暢にさせ、咳を鎮める。喘息発作等の呼吸困難に使用する。 気管支を拡張するエフェドリン類似作用があり、気管支喘息や痙攣性の咳に用いられる。(三拗湯、小青竜湯、麻黄附子細辛湯、麻杏甘石湯)
  • 利水消腫(利水作用):肺の通調水道作用を強め、利水する。悪風・脈浮などの表証を伴う浮腫に用いる。鬱熱時には石膏を配合。麻黄×甘草で利水作用が強まる。麻黄×石膏の組み合わせで 消炎利水作用があり、滲出性炎症による水腫を治す。 身体の浮腫や関節の水腫、気道粘膜の浮腫を除く。
    (越婢加朮湯、小青竜湯加杏仁石膏)
  • 去風湿作用。寒邪を散じ利水するところにより、風寒湿痺証に使用する。(麻黄加朮湯、麻杏薏甘湯)
  • 透疹作用。疹毒を透泄して発疹しやすくする。麻疹の初期や湿疹に使用する。他の透疹薬の補助として用いられる。
分類 辛温解表薬
基源 マオウ科シナマオウなどの地上茎
薬性 温性
用法 1,5〜8g
注意点 発汗力が強い為、表虚証の自汗、陰虚の盗汗、高齢者の咳嗽には禁忌。エフェドリン作用があるため、排尿困難、不眠、心悸亢進、または胃腸障害を起こすことがある。芍薬甘草湯の合方により副作用を軽減できる(麻黄の発汗作用にブレーキをかける)。

麻黄が含まれる漢方処方薬

  • 麻黄:麻黄湯、葛根湯、三拗湯、小青竜湯、麻黄加朮湯、麻杏薏甘湯
  • 麻黄☓石膏:麻杏甘石湯、五虎湯、大青竜湯、越婢湯、越婢加朮湯、続命湯、防風通聖散
  • 麻黄☓附子:桂姜棗草黄辛附湯、麻黄附子細辛湯、桂芍知母湯、烏頭湯

引用参考文献

記事を読んでくれて、ありがとうございます!

ご相談&ご質問がございましたら、お気軽にどうぞ。
» お問い合わせ

薬局紹介痛みに強い漢方相談薬局【つくし薬局常陸大宮店】

漢方治療【気象病】【天気痛】頭痛・めまいを漢方で改善する対処法