Written by Kazuhiko Noguchi

【附子(ぶし)】漢方薬に含まれる生薬の効能【生薬解説】

生薬解説

【附子(ぶし)】漢方薬に含まれる生薬の効能【生薬解説】

ポイント

全身の陽気を温補する。寒性疼痛の重要薬。主として四肢などの末梢を温めるが、腹部も温める。
附子は温性と燥性が非常に強いので、陽虚症であるという適応症を持って使用する。

舌、唇、四肢のしびれ、めまい、心悸亢進、胸内苦悶などの中毒症状に注意。毒性を減弱させた処理を行った修治附子、または炮附子を使用する。

附子の漢方的効能

  • 回陽救逆。喪失しつつある元陽の力を挽回する。四肢厥冷、冷汗、顔面蒼白など(四逆湯)
  • 熱産生作用。糖・脂質代謝促進の結果、熱産生が増加し、身体を温める。
  • 強心利尿作用。身体機能が衰弱して水分代謝が低下している者に用いる。
  • うっ血性心不全による浮腫を治す。(八味丸)
  • 冷えて、下痢、腹痛して尿量少ない者や皮下に水が溜まって浮腫のある者を治す。(真武湯)
  • 散寒止痛作用。新陳代謝を盛んにして熱を産生し、更に血管を拡張し血行をよくして四肢の冷えを温め痛みを止める。
  • 逐水作用。茯苓、蒼朮と組んで余分な水を強力に身体から抜く。(桂枝加朮附湯)(甘草附子湯)
分類 温裏薬
基原 キンポウゲ科カラトリカブトの子根
薬性 大熱性
用法 0.5〜6g
注意点 アコニチンが含有され、中毒症状に注意。舌、唇、四肢のしびれ、めまい、心悸亢進、胸内苦悶などが出たら中止する。陰虚火旺、真熱仮寒、妊婦には禁忌

引用参考文献

記事を読んでくれて、ありがとうございます!

よろしければ下記の記事もご覧下さい😌

それぞれのお悩みに関する人気記事

ご相談&ご質問がございましたら、お気軽にどうぞ。
» お問い合わせ

薬局紹介痛みに強い漢方相談薬局【つくし薬局常陸大宮店】

おすすめ相談オンライン漢方相談【遠隔相談のご案内】